緑内障治療は早期発見が大切|早く専門治療を受けよう

男性

目の病気

man

視野が狭くなる症状

緑内障とは、視神経が障害されて視野が狭くなったり部分的に見えなくなる病気なのです。失明原因第1位の目の病気と言えるでしょう。40歳以上の20人に1人は緑内障になっていると言われているのです。定期的に検査を行い、正しい治療を行うことで失明になるのを防ぐことは可能と言えるでしょう。緑内障の初期症状はほとんどなく、気づかない内に病気が進行している場合が多いのです。視野が狭く感じたり、視力が低下した場合はすぐに眼科で診てもらうようにしましょう。通常の緑内障は、視神経の障害はゆっくり起こり視野も少しづつ狭くなるのです。しかし急性緑内障の場合は、急激に眼圧が上昇するので目の痛みや頭痛などを引き起こすのです。

点眼薬とレーザー治療

緑内障の発症因子には、加齢と家族歴が関係していると言われているのです。年齢を重ねるごとに、病気になる確率は高くなるのです。家族内に緑内障患者がいる場合は、発症率が上昇するでしょう。40歳を過ぎたら定期検診を受けることが大切なのです。緑内障の治療には、薬物療法が基本となっているのです。10種類以上の点眼薬から、自分の眼圧の高さなどによって決めることになるでしょう。点眼薬でも改善されない場合は、レーザー治療を行うことになるのです。虹彩に孔を開けて眼内の房水の流れを変えるものと、線維柱帯に照射することで房水の排出を促進させるものがあるのです。生活習慣の見直しにより緑内障は予防することができるのです。

目の病気を知る

眼

目の病気の一つである緑内障は視野がだんだん狭くなっていく病気です。中高年の人が多く発症していて、その原因は眼圧によるものです。早期発見が大きなポイントとなるので、少しでも見づらかったりしたら検診を受けるのが良いでしょう。

Read More...

目の疲れを残さないこと

flower

緑内障の原因は、目の疲れの蓄積によるものです。寝不足やコンピュータ、スマートフォンの長時間利用は大敵です。十分な睡眠と、電子機器の利用の間に適度に眼を休ませる工夫を行い、眼の疲れは翌日に持ち越さないようにしましょう。一度失った視野は取り戻せません。眼の健康も考えてあげましょう。

Read More...

目の病気

Doctor

失明の危険性の高い緑内障には慢性と急性の2種類があります。慢性の場合、初期症状に気付きにくいので、視界のぼやけやかすみなどの症状が出た時にはすぐに検査に足を運びましょう。治療には、薬物療法や手術、レーザー治療があり、医師とのカウンセリングで治療を選択しましょう。

Read More...